塚田真理作品

ピース45 

ピース45 4つのフランス風舞曲

 舞曲を書こうと思ったきっかけは、
  @曲の題をつけるのが苦手。
  A初演者が今年から中学生、バッハのフランス組曲にも触れる頃だろう。
  B舞曲にはわたしなりの深い思い出がある。(出版楽譜のコメント参照!)
ということです。
 この作品は、古典組曲の一番基になる型である、Allemande、Courante、Sarabande、Gigueの
4つの舞曲から成り、全て同じ調性で書かれています。
それぞれの舞曲がもつ基本的な構造や特色は失わないように、そのスタイルはできるだけ自由に
音を広げていくように心がけました。
 バッハから私への問いかけに、音を1つ1つ書き進めることで、私らしく答えていったつもりです。




 

inserted by FC2 system