末吉保雄作品

ピースbP 11 25 26 36 37 46 58 69 70 71

ピース69 古い太鼓に、古ばけつ…

何人かでグループをつくって、いっしょに音楽を表現する楽しみを知ってほしい…という思いから、この曲集をつくり
はじめました。第2集は、お話しをしながら演奏するための曲集で、第1曲は去年の「木になった男」でした。
この第2曲は、日本のむかしばなし() のなかから、からっとして、陽気なものをえらんで、
私が少し書きなおし
ました。このまえと同じように、ペットボトルやファックス用紙の芯を使ったりして、
いろいろな音を出して遊びたいと、
楽しみにしています。
小田原在住の溝渕奈緒子先生の門下生たちには、もう“第2回”のときから毎年出演してもらっています。

古い太鼓に、古ばけつ…

  1
むかしむかし、あるところに、荒れはてたお寺がありました。
あんまりおんぼろなので、おさまも小僧さんも出ていってしまって、
もうながいこと、だれも
んでいません。

いつのころからか、おけがるといううわさががって、づこうと
する人もいませんでした。

   
ある日のこと、をしている男がやって来ました。そして、「そのお寺にまる」
と言い出し
ました。みんなは、「やめなさい、やめなさい!まえにも、お寺に行った
人が、かえってこなかった
のだから…」と、とめました。でも、その人はそうな人で、
勇気もありました。「なあに、ただなのだから、
まらなければだよ。が出てくるか
知らないが、
平気さ」と、出かけて
ゆきました。
                                …そして

柳田国男編「日本の昔話」(角川文庫)所載「佐渡の話」より

inserted by FC2 system