末吉保雄作品

ピースbP 11 25 26 36 37 46 58 69 70 71

ピース58 ピアノはうたう 第1集(改訂版)

 かっこう
 さようなら
 まわれ わになって
 ゆめの中
 かえるのうた
 小さなねこ と 大きな犬が
 こがねむし
 お月夜
 あまりりす
10  大きなくりの木の下で
11  よいしょ
12  なべなべそこぬけ
13  フレール・ジャック

<ピアノはうたう 第1集>は、ピアノをひきはじめてまもない幼稚園から小学校低学年の子どもたちが、歌ったり、先生と
パートを分け合ってピアノをひいたり、ときには年上の生徒の吹くたて笛といっしょに楽しめるようにと願って、2001年に作り
ました。ひとつずつの曲は、多くは、じっさいに生徒のノートに少しずつ書き付けたものを写しています。ただ、生徒は一人
ずつちがうので、ある生徒には役立つ工夫が、そうでない生徒には意味の無い場合が有ります。そこで、この改訂版では、
とくべつな場合のために書いた例を除いて、多くの子どもたちに役立つように書き直しました。この本は、生徒たちが、先生
家族といっしょに
歌いながらピアノに向かえる曲を集めています。大人たちが聞いたり、歌ったりして親しんできた歌は、
今の子どもたちにも伝えたいものです。また、子どもがひく曲を聞いて、大人もいっしょに楽しんでくれたら、きっと生徒の励み
にもなることでしょう。まだ楽譜を読む力が少ししかない生徒は、をおぼえて、をたよりにピアノでひいてみたり、それを
楽譜
と照らし合わせたり、先生の真似をしてを動かしたりします。歌いながら、ノートに書くことも大切でしょう。少しずつ
書いて、何回かのレッスンののちに全部が仕上がるように進めることもできます。歌うときは、歌詞でも良いし、音名や、
ラララで歌うと良いでしょう。

                                                                 *は作曲者自身の原曲による改作。



inserted by FC2 system