末吉保雄作品

ピースbP 11 25 26 36 37 46 58 69 70 71

ピース1 エチュードの形をしたピアノ小曲集I

 1.おちついて(3/4 36小節)
 2.おそくなく・はやくもなく(2/2 29小節)
 3.げんきよく(2/4 95小節)
 4.落ち着かない歌(3/4 20小節)
 5.誰かが呼んだ?(4/4 11小節)
 6.強い子だけど優しいところも…(2/2 9小節)
 7.大きな音で、でもはやく(2/2 12小節)
 8.いつもテンポ正しく(3/4 15小節)
 9.ボートをこぐと…(5/4・6/5・3/4 19小節)
10.レッツ・サーフィン(4/4 25小節)
11.静と動(3/8・11/16 etc. 36小節)
12.ソナチネ

I. アレグロ
II. レント(パッサカリア)
III. インテルメッツォ
IV. プレスト(トッカータ)

さらえば,何かの役に立つような曲を作りたいと思って,
題名のような目標を立てて,少しずつ書きためています。
作品として,演奏技術上の課題性と自分自身の表現とを,どう重ねたら良いのかなどと
考えることが多く悩んでいましたら,この会への出品のお誘いをいただきました。
なお,この12曲には,エチュードとしての共通の目的があります。
「黒鍵と白鍵を,グループ化して対照することに,慣れ親しむ」ということです。
「黒鍵」を,調号との関係だけで理解して,まるで「白鍵」の世界に入り込んだ“異物”のように
考えてしまうことから,自由になってほしいのです。





inserted by FC2 system