大家百子作品

ピースbS 17 31 40 41 51 52 63 77 88 98 108

ピース51 フィスチーノのカーニバル

 第1回“わたしにもひけるかな?”に“ゴルゴンザーラの村祭り”を出品して以来、
地名を冠した題名の作品を続けて書いてきています。
ただしこの地名は実際には存在しないものばかりです。
地図にない世界旅行といったところでしょうか。
第2回“チャチャビンガの子供たち”。第3回“蝶の舞うポーリャの森”。そして今回は“フィスチーノのカーニバル”。
 情報・組織・競争・機械・紛争といった現代社会のストレスの渦の中で、ほんのひととき良き時代の心を取り戻して
カーニバルに打ち興ずるフィスチーノの町の人々を音を描いてみました。
思い思いに仮装を凝らし、繰り返し立ち現れるリズムに乗って、気侭な足取りで酔ったように街を練り歩くあの人、この人。
仮面の下でどんな顔をしているのでしょうか。
 フィスチーノというのは、この作品がFis音を軸に展開することにヒントを得て、初演者である娘が考案した架空の地名です。



inserted by FC2 system