三瀬和朗作品

ピース72 86

ピース72 ヴァイオリンとピアノのためのCanzonetta・Capriccio

自作の中で、ヴァイオリンという楽器を「協奏曲」の独奏として、また「室内楽」等で多く使っています。
しかし、今回初演するジャンルの曲は今まで作曲していませんでした。前回、こどものためのピアノ曲の
初演者の前田領愛君が、今回はヴァイオリンを演奏して下さるということで、この2曲は出来上がりました。
対比する2つの曲の面白さを意図して、作曲しました。


inserted by FC2 system