川野直史作品

ピースbX 23 68 79 84 92 111

ピース111 ソナチネ

第1楽章に、〜Muzio Clementi氏にならって〜とあるように、全体をパロディーのような感じで書きました。ソナタ形式の第1楽章、緩やかなテンポで三部形式に近い自由な形を取る叙情的な第2楽章、常動曲のような第3楽章、以上三つの楽章から出来ています。誰もが弾けるような曲を……と思って書いたのですが……今回も、またまた四苦八苦させてしまったようです。(笑)
初演のために演奏を引き受けてくれた西田彗くん、山崎風太くん、そして、ご指導下さった西田理恵先生に、心より御礼申し上げます。



inserted by FC2 system