井上尚子作品

ピース15 16 61 62 75 76

ピース62 チャーミング・ビート

先生に「こんな曲よ」と弾いてもらったら「ウン、イイ感じ!」。「5拍子?変拍子?そんなの知らないけど弾けちゃうョ!
体が自然に動いちゃった!」と云ってもらえる曲。…そんな思いがあって書きました。演奏者の平田桂奈子ちゃんは
ピアノを始めて1年半。私のところに通って来ています。とても頑張り屋さんで、又、私の云うことにいつもいつもニコニコ
笑顔で答えてくれます。和音や指を
返す事も少しずつ馴れてきました。
曲は、生き生きとしてリズミックな5拍子で始まり、タイトルの発想はここからきています。小学校低学年には5拍子、
変拍子と、一見むずかしそうですが、拍を必死に数えなくても体に自然と受け入れられる様に音を並べてみました。
中間部はゆったりとした雰囲気。ひと踊り終えた少女が窓辺にたたずみます。やわらかい風に乗って音楽が聴こえ
始めました。耳をすまして聴いてごらん?(…それは云い換えると「自分の音をよく聴いてネ」という願いでもあるのかも
知れません。)ふと、我にかえった少女はまた踊りだします。




 

inserted by FC2 system