平野さゆり作品

ピースbT 20 21 32 54 55 78 90 114 

ピース20 メリーさん 町へ行く 「メリーさんのひつじ」によるラプソディ

 小さい頃からピアノを習っていたのに、諸々の事情(?!)により五線が読めない、リズムが取れない、
左手の指番号が混乱する…いわゆる「弾けない」生徒を引き受けた経験はありませんか?
今さらひらがなばかりの導入教材を与えるわけにもいかず、楽しみながら、さらに上記のような
状況が少しでも改善されればという欲張りな発想から生まれたのがこの曲です。
 曲はテーマと9曲の自由な変奏です。それぞれの変奏は半ページから1ページの長さで、
曲の間または曲にかぶせる形でナレーションが入ります。
テーマである「メリーさんのひつじ」の旋律がどこに現れるかまたはどのように変形されているか
探しながら弾くことは、旋律を聴いたり歌ったりすることにつながるでしょう。
伴奏はリズム練習であったり、指の伸び縮みやポジション移動の練習であったり、指くぐりや
音階であったりします。さらにナレーションからも、曲の雰囲気を感じとってもらえると思います。
もともとは年齢のわりに弾けない生徒のために作った曲ですが、
市販教材の『みんなのグローバー・ピアノ』『ギロック アクセント・オン1』、
また『ブルグミュラー 25のやさしい練習曲』や『ピアノの練習ABC』など、
メソード通りに進んでいる生徒にも弾いて楽しんでもらいたいと思います。
初演ではナレーターと相談の上、効果音として小楽器を使用しましたが、
その後、効果音の使い方についてお問合せを頂いたりしましたので、改訂版(2000)では、
効果音のパートも表示してあります。


 

inserted by FC2 system