麻生信子作品

ピースbW 35 100 101

ピースbW 連弾のための2つの小品

 “連弾のための2つの小品”は、ブルグミュラーの本に入ったぐらいの子供達にも楽しく弾けたら……
と思って作った5分程度の小品です。
 それぞれの題名からはどちらも“動き”を想像させられますが、2つの雰囲気は全く異なっています。
1.金魚のダンス
 冒頭から示されるリズムが、8分の6拍子のゆったりとしたテンポの中で一貫して鳴っている。
 金魚が水の中を優雅に舞う動きをイメージしたものである。
2.ボール遊び
 テーマを2人がどんどん受け継いでゆくテンポの速い曲である。
 ボールと夢中になって遊んでいる子供の元気な様子をイメージしたものである。










inserted by FC2 system